プロフィール

ストーン

Author:ストーン
都内の変な大学で物理やってる学生です。僕の半分はえろげでできています。残りの半分はいろんな感情でできています。基本ツッコミ待ちです。意見でも棒でもなんでも突っ込んで下さい。

リンク・引用・転載・その他なんでもフリーです。連絡もいりません。適当にどんどんどうぞ。

ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
応援中!
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【向日葵の教会と長い夏休み】応援中! 『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!

石の上にも(仮)

適当にだらだらと。たまにPCゲームとか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 今日の記事は少し長めですが、よろしければ読んでいただけると嬉しいです。


 先日、学校の課題やらバイトやら何やらで忙しくて、なんかいろいろ嫌になって、気分転換に深夜に外に出てみたんですね。

 やっぱり暗い夜っていうのは落ち着くものです。なんでも許される気がして。それでこんな空間が好きな自分も相当アレだな、あずにゃん地中から出てこないかな、地中ってモグラじゃん、もぐにゃんじゃんとかくだらなさ過ぎることを考えながら、やっぱり地中よりも降ってくるのがお決まりだよなあと思ってふと空を見上げてみると、天頂にはオリオン座が美しく輝いていました。

 無題


オリオンと言えば手に負えないほどの暴君だったがために大サソリにさされ、その毒で死んでしまった、という神話が有名です。だからオリオン座は夏に現れるサソリ座を恐れ、正反対の季節である冬に現れるんですね。

 
 しかしその後家に帰って調べてみたら、これとは別の神話もあるそうなんです。


 オリオンは、月と狩の女神(←ここちょっと重要)アルテミスに仕えていたのですが、アルテミスのあまりの美しさにどうしようもなく恋焦がれてしまいました。ちなみにアルテミスは処女の神でもあるそうです。おいそこのエロゲーマー、ちゃんと信仰しとけよ。

 しかしアルテミスの兄アポロンは相当なシスコンで、妹を追っかけ回すオリオンぶっ殺すとかイっちゃってることを考えました。

 それで、夜中にオリオンに魔法の力で金色の光を当てて(魔法って便利ですね)、「あの光ってるやつ撃ち落とせるよね?できるよね?」とクソガキよろしくアルテミスを挑発します。しかしそこは狩の女神アルテミス、「や・・・やってやるわよ!ぜっっっったい、当ててみせるんだからっ!」って挑発に乗っちゃって弓を射り、オリオンを撃ち殺してしまうんです。

 その後、アルテミスはオリオンを殺したという真実を知ってしまいます。絶望した彼女は、せめてもの償いとして大神ゼウスに頼みました、「月の女神としてのお仕事で通る空の道の傍に、オリオンを星座として上げてほしい」と。このことから、オリオン座ができたということです。


 しかしこれ、考えてもみればアルテミスも相当辛いと思います。だってオリオンは死んでるんですから。自分を想ってくれていた、しかし今は亡き人の横を、毎日通るんです。・・・これって、単なる償いじゃなかったのかもしれません。だってそれだと辛すぎるでしょう。もしかしたら、アルテミスもオリオンが好きで、ずっとその横顔を見ていたかったのではないでしょうか。


 なんてことを考えつつ、結局他に何もしないで寝ました。でも、たまにはこんな日があってもいいかな、って思ったんです。やることは全然進まなかったけど、こんな空想に浸ってるときだけは自由なんです。アルテミスたんかわええなあ、とか、僕も誰かの星座になれるのかな(キリッ、とか。まあ傍から見たらただのキモイ人間ですが、空想してる間だけはいろんなことを忘れられます。決して逃げではなく、僕にとっては心地いい、つかの間の安息だったんです。

 やっぱりもぐにゃんは出てきませんでしたが、やることは山積みですが、まあ、なんとか頑張ろうと思います。






 そう、オリオン座の下で。

スポンサーサイト
雑記 / 2010/11/24 23:20
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。