プロフィール

ストーン

Author:ストーン
都内の変な大学で物理やってる学生です。僕の半分はえろげでできています。残りの半分はいろんな感情でできています。基本ツッコミ待ちです。意見でも棒でもなんでも突っ込んで下さい。

リンク・引用・転載・その他なんでもフリーです。連絡もいりません。適当にどんどんどうぞ。

ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
応援中!
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【向日葵の教会と長い夏休み】応援中! 『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!

石の上にも(仮)

適当にだらだらと。たまにPCゲームとか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 お久しぶりです、ストーンです。

 「え?お前ブログなんてやってたの?クソワロタwwwフォカヌポォwwww」とか言われそうなくらい久しぶりすぎて恐ろしいんですけど、数えてみると実に2ヶ月ぶりの更新です。自分でも恐ろしいわ。フォカヌポォwwww

 なんで更新してなかったのかというと、一つはネタがなくなってきたからです。実は12月末まで毎日更新して、「1日1つくらいはブログのネタになるような面白いことを見つけることが出来るんです。幸せはほら、自分で見つけられるんです」的な恥ずかしい文で大晦日の記事を締めくくろうかと密かに計画していたんですが、サクッと挫折しました。なんでそんな意味不明なことを考えていたのか。当時の自分、ほんとうにあたまはだいじょうぶだったんでしょうか。大体11月の時点で毎日更新できてねえし。現実は非常だった。

 そしてもう一つの理由は、ただめんどくさくなったからです。これに関してはただ誤るのみです。一発変換したら字も間違えたし。すいません。すいません。

 更新停滞していた時期にもいろいろありまして、僕が女装にはまったりとか、友人がホモになってたりとか、正月に姉貴のイケメン彼氏がうちに来て二人で話すという試されるイベントがあったりとかしました。目を疑うような内容もありますが、この辺は深く掘り下げると僕のお尻が掘り下げられそうなので詳しくは語らないことにします。是非知りたいという奇特な方は僕の12月~のtwitterをご覧ください。あ、ちなみに掘り下げ合う仲まではいってませんが、姉貴の彼氏とはなんか意気投合してそれなりに仲良くなりました。

 
 それで、なんでいきなりまた更新したのかというと、これには理由があるわけなんですよ。今日はそのお話です。


 実はこの二ヶ月でツイッターのお尻合い、間違えた、お知り合いの方々と多くお会いしたり、twitter上でお話したりしたんですね。自分でファンクラブ立ち上げていらっしゃっる方、絵が趣味でサークル出展していらっしゃっる方、DTMで音楽作ってらっしゃる方、ホモの方、とにかくいろんな方と。というか今日の記事ホモネタ多いな。

 そこで僕は思ったんですよ、「羨ましいなぁ」って。自分の好きなことを楽しんでしている姿に。

 そりゃあ僕だって二次元嫁とのキャッキャウフフベロンベローンなあまーいエロゲ生活を楽しんではいます。でもなんというか受け身な気がするんですよ、表現が難しいですが・・・。自分からアクティブにいろいろ出来てないなぁと思って。誤解を恐れずにもっと砕けた言い方をすると「作り手」にまわってみたいなぁって。そう思うと、いろいろと活動ができてる人が羨ましいんです。

 実は僕はずっと「作り手」にはなりたくないって思ってきたんですね。その理由は、「作り手」にまわるとバイアスがかかって純粋にそのコンテンツを楽しめなくなると思ったから。普通に毎日「趣味」の範囲で楽しめればいいんじゃないかって。でも、いろんな活動をしている人と交流して、今思い返してみると、ただ単純に羨ましくて届かなさそうだから、挑戦する前から諦めていたんじゃないか、とも感じるようになったんです。

 でもやっぱり、僕はちょっとは未練があるんですよ、贅沢な話ですが。そこで最初の話に戻る訳ですが、そういえば僕ブログ持ってたなぁって。だったら自分の表現の場として使えます。そういう理由で今日久々に更新したという訳です。「作り手」にまわることはできなくても、わずかでも自分を表現することは出来るんじゃないか。自分へ嘘をつき続けたことへの、些細な抵抗です。



 今から何か始めようとしている方、僕が言うのも説得力皆無ですが、それは本当に素晴らしいことです。年齢、得手不得手などに関係なく、すごく輝いていて、羨ましいです。また、何か始めようと思っていながらなかなか始められない方、それもそれでいいと思います。人間そんなもんです。実際僕もそっちに近くて、毎日意味わからん物理の数式に悩まされ、アホみたいなテスト受けて、帰ってエロゲやって寝る、そんな生活です。普通に生活して普通に毎日が終わるっていうのも乙なものだと思うんです。

 ということで、今後は何か思うことがあったら更新するような感じでいきたいと思います。そうやって自分を表現できたらいいなと思います。





 さて、今月末から大学のゼミが始まるので本業頑張ります。と思ったら教科書ヤバいむずいクソワロタwwwフォカヌポォwwww 
スポンサーサイト
雑記 / 2011/02/16 01:22
コメント⇒4 / トラックバック⇒1
 今年の初め、1月1日の0時30分くらいに、地元の神社に初詣に行きました。

 
 で、おみくじを引きました。

omikuzi.png

 幸福と書いてしあわせと読ませるあたり胡散臭さがプンプンするんですけど、結果は「末吉」でした。

 末吉かあ、でも凶よりはいいんだし決して悪い結果じゃないよなあと思いながらおみくじに書いてある文を読んでみると、

 「自分の立場にだけ固執して相手のことをよく考えるゆとりのない状態。つまりこちらから歩み寄る心が欠けてはいませんか。こういうときは、人間関係の対立が起きやすいので反省し、経済上の収支もよく目を通して注意する必要があります。『冬来りなば春遠からじ・・・』やがて幸運が訪れます。」


 って書いてありました。いいこと1っつも書いてない。唯一好意的に解釈すれば、「冬来りなば春遠からじ・・・」だけはなんかいいことっぽい。しかし、これ言い換えると「今はツライが我慢しろ」ってことですからね。末吉のはずなのに、何で辛い思いをしなきゃいけないんだ。

 しかもこの本文の下に項目別の運勢も書いてあったんですが、

 

 仕事・・・互いに意思が通じない。
 愛情・・・性格が合わないのでは。縁談はまとまりにくい。
 健康・・・無理をして体調を、そこなうといけない。
 学業・・・いまのところ思うように実力が発揮できない。


 
 これ、もはや大凶だろ。間違えて末吉って書いちゃったんじゃないかと勘ぐってしまうほどにボロクソな言われよう。ちょっと希望を持たせるために、一つくらいなんかいいこと書いてくれるとかの神社側の配慮があってもいいじゃないですか。本当に終始一貫してこの紙切れに貶されましたからね。ここまでひどいおみくじ初めて見た。

 それで僕は思ったんですよ。今年の終わりにまでにはこれに書いてあること全部嘘にしてやろうって。こんなおみくじに負けないような一年を過ごして、見返してやろうって。

 

 っていうのが一月の半ばくらいまでで、その後は全然これの存在忘れてました。



 そこで改めて一年を振り返ってみると、バイトは自分にとっては異常に忙しくなったのに昇給しないし愛情とか感じてないし健康はまあいいとしても学業はポンポンチキだし、あながち間違ってない。おみくじの力ハンパない。

  まだ残り三週間ほどありますが、やっぱり僕の一年はダメダメでした。毎日作業のように大学に行って課題だけやってバイトをしてエロゲを楽しんで食って寝て、頻繁に何かに嫌になっては乗り越えて、の繰り返し。何も生産的なことしてない。

 もしかしたら、大体の人はそんな感じなのかもしれません。今の生活に満足している人ってあんまりいないんじゃないでしょうか。どうしても欲しているところや、足りないところって強く意識してしまうものです。




 ・・・でも、思い返せば、嬉しいことを見つけては心の底から喜んで、ということも少しだけありました。そういえばこのおみくじを引いたとき、中学の時好きだった子が同じ神社に初詣に来ていて、ほんのちょっとだけ話しかけてくれたんですよ。その日から今日まで全然連絡とかとってないですけど、あれは嬉しかった。

 残り三週間で、僕はこのおみくじを嘘にはできません。これから愛情や学業を向上させることは、まあ無理でしょう。でも、何もうまくいかなくたって、一年なんとか頑張って来れました。わずかながら嬉しいこともありました。今の僕には、それだって十分な贅沢なんです。

 来年もまたボロクソな一年なのかもしれませんが、嬉しいこと見つけながら、負けずに日々生きていこうと思います。





 ということで今日はこんな感じで。それではー。
雑記 / 2010/12/09 22:54
コメント⇒3 / トラックバック⇒1
 今日の大学での英語の講義の話です。


 先週、その講義の教授に「Next week, bring your own computer.」みたいなことを言われたんです。ノートPC持ってこいと言われるのは珍しいことでした。普段はPCを使う授業はPC室で済ませてしまうことが多かったからです。

ところが、当然ながら僕のPCをそのまま持っていったら二次元的な意味で死ぬことになります。

 登録者数8人、実質授業に来ている人4人という恐ろしく少人数すぎる授業なこともあって、教授との距離が結構近い授業だったんですね。つまり萌え絵出してるところを教授に絡まれて、「Oh-! What's this picture?」みたいなこと言われて、英語を満足に話せない僕はしどろもどろになっていっそうキモさが増すわけです。

 これではいけないと思ったチキンな僕は、ノートPCを整理しようと考えました。



 ということで、週末に久しぶりにノートPCを立ち上げたら、まず、 

 「あっ、おはよう。会いに来てくれて、うれしいな♪」

 っていう星メモの夢さんのシステムボイスが。そういえばこれ父親に聞かれたことあったっけなあと感慨に浸りつつ「デゥン!」とかいう普通のWindows音に戻します。

 次に「魔法少女えれな」などのデスクトップのエロゲアイコンを削除。ちなみに魔法少女えれなは今でもたまに起動します。あれはエロかった。ついでにスタートメニューもチェックしてぱっと見健全になるように細工をしました。

 こうしていろいろ取り繕った後、最後にデスクトップの壁紙を変更しようと思いました。

 でも、ここでなぜか普通の壁紙にしたくなかったんですよ。なんか面白くないし、大げさに言えば自分が自分でなくなっていくような感覚があったんです。エロゲとか周りから見ればホント意味がわからない趣味ですが、僕は好きなんですよ。その要素を全部削除してしまうのもなんか悲しかったんです。

 ということで、PARA-SOLの壁紙はそのまま変えず。チキンな僕の最大限の抵抗です。何に対する抵抗なのか良くわかりませんが。でも、こんなしょうもないヤツが自分です。これからもエロゲ好きなんだろうなあ、いつまでもしょうもないままだなあ、とかちょっとだけ思いました。


 ・・・そしたら授業で教授が備品のPCを人数分持ってきてくれていました。それ先に言え、僕の努力返せ。


雑記 / 2010/12/08 22:38
コメント⇒3 / トラックバック⇒0
知ってる方もいらっしゃるかも知れませんが、こんなおもちゃを見つけました。
 


ビリビリかぜひきワンコ


メガハウス

2008-08-09


by [Z]ZAPAnetサーチ2.0






 「ビリビリかぜひきワンコ」です。

 かぜひきワンコと言うからには風邪をひいてる設定なんでしょうが、もはや風邪なんてもんじゃなく白い粉でもキメちゃってるんじゃないかと邪推してしまうほどのイカれたご尊顔。

 顎外れたとかそんなレベルじゃないほどの大口と、絶妙な位置に描かれた鼻水。

 そして何より、その大口から溢れ出す、犬が発する色にしては異常にビビッドなグリーンの粘性体と、意味不明なカラフル固形物。

 ここ最近で一番衝撃的でした。対象年齢5歳以上なんですが、これ18禁でもよかったんじゃないでししょうか。



 遊び方は、まずワンコの頭部をパカッと空けて、緑のスライムとカラフル固形物(←風邪のウィルスだそうです)をセットし、ストッパーを引き抜きます。するとスライムとウィルスが垂れてくるので、下にいく前に付属のピンセットでウィルスだけ取り除き、風邪を治してあげるのです。

 ただしここで注意しなければいけないことは、ピンセットの先端部分は大丈夫なのですが、鉄製の部分にスライムが触れるとビリビリっと振動が来てしまうんです。先端だけで、いかに上手にウィルスを取るかの技量が試されます。


 それで、youtubeにこのおもちゃのプレイ動画が上がってました。





あー、スライムこぼれちゃってる。きったねー。




 ということで、今日は愉快なおもちゃのご紹介でした。お子さんの誕生日プレゼントに困っているあなたにオススメです。えっ、トラウマになるって?まあ大丈夫でしょう、対象年齢5歳以上らしいし。
雑記 / 2010/12/01 22:57
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 とある国の王様が、こんなことを言い始めました。

 「今後から、推理小説の出版を禁止する。人が殺される描写が出てくるからだ。」

 これを聞いて、推理小説愛好家は大騒ぎしました。「これじゃあ、私たちの趣味がなくなってしまうじゃないか」

 なんとかして王様の案を止めさせようと世間に訴えますが、「自分たちの趣味がなくなってしまう」という理由では誰も耳を貸してくれません。そこで、彼らはこんな理由を思いつきました。

 「これは推理小説だけの問題ではなく、出版界全体に関わることだ。これを足がかりにもっといろいろな種類の本が規制されるかもしれない。例えば、成年向け漫画が規制されることだってありうる。そうなっては困るだろう?」と。

 しかし、エロ本好きの変態紳士たちはあまり耳を貸しません。「ハア?そんな訳ないじゃん?殺人描写より全然マシだし。てか推理小説興味ねーし。鼻ホジホジ」

 ということで、推理小説愛好家たちの願いは聞き入れられず、結局推理小説は規制されてしまいましたとさ。







 ・・・やっぱり、いくら大きな声を出しても、もともと興味の薄いものに他人の関心を向けさせるのって難しいですよね。漫画のキャラクターを「非実在青少年」として規制する青少年育成条例改正案だって、そのうち通ってしまうのかもしれません。

 
雑記 / 2010/11/30 22:18
コメント⇒2 / トラックバック⇒0

/ 次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。