プロフィール

ストーン

Author:ストーン
都内の変な大学で物理やってる学生です。僕の半分はえろげでできています。残りの半分はいろんな感情でできています。基本ツッコミ待ちです。意見でも棒でもなんでも突っ込んで下さい。

リンク・引用・転載・その他なんでもフリーです。連絡もいりません。適当にどんどんどうぞ。

ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
応援中!
【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【向日葵の教会と長い夏休み】応援中! 『ゆめこい~夢見る魔法少女と恋の呪文~』応援中です!

石の上にも(仮)

適当にだらだらと。たまにPCゲームとか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 近況ですが しゅうかつ をしています。
 
 しゅうかつ とは、正式名称を「就職活動」といい、変な書類に御社のこうこうこういうところが大変素晴らしく存じ奉り申し上げますみたいなことを延々と書いた紙を送り、人事の人に「私はヤル気があってこうこうこういうところで私の能力を活かすことができます」と全然思ってもいないことを延々と語り、あげく落とされるという闇のゲームです。まだ面接の段階ではないんですか、変な書類は少しずつ書き始めています。

 まぁ全然楽しくないですね。就活が楽しいって人は近頃突如出現したイシキタカイ系の学生くらいなもんでしょう。僕はパンピーなので苦しみながらやっております。
 
 んで、毎日疲れるなーって感じで過ごしている訳なんですけども、お知り合いの方から「こなかなやると生きる気力湧くんだ」「みんなもやってるんだ、やろうよ」と新興宗教みたいなことを言われまして、あぁそういえば積んでたな、やるかぁと思って先週あたりに崩しました、そこで「こなたよりかなたまでをやっておもったこと」という小学生の作文ちっくなタイトルで感想を書いてみようと思います。ネタバレありますのでご了承を。

 物語は主人公、遥彼方の独白から始まります。在りたいように在る、ということはとても難しい――。彼方は病におかされ、もう先が長くないのです。残り少ない人生の中で、彼方は生と死と、どう向き合うのか・・・。

 とまあ導入はこんな感じ。で、まぁ詳しい全体的なレビューはその辺のレビューサイトをググってください。思ったこと書くっつてるのにいきなりブン投げるという暴挙を犯しましたがご了承ください。かなり有名な作品なのでレビュー書いても今更感あるしね。

 で、その中でも特に僕が大きく心動かされたのはいずみちゃんルートなんですね。この「鹿島 いずみ」という女性はがんセンターの看護師をしております。彼方はこの物語内では自宅での投薬治療を行っているんですが、以前このがんセンターに入院していました。いずみちゃんルートでは彼方の病気が発覚してから入院し、同室で入院することになった「朝倉 優」ちゃんや、他様々な人との交流を経て退院するまでの過去の回想がメインのお話になります。

 このゲームでは彼方の独白が結構あるんですが、多くが彼の死生観を語ったものになっています。これが素晴らしくて、死に瀕していながらすごく強い考え方を持ってるんですね。いずみちゃんルートでは、それが一番如実に現れてる気がしました。彼方は癌と告知を受けても、ほとんど動じませんでした。それどころか、幼くして病になったせいで心を閉ざしていた優ちゃんと積極的に対話し、彼女の心の扉も開いてしまいます。

 僕は、今まで、人間いつ死んでも大差ない、と思っていました。それは多分、毎日を怠惰に生きていることの裏返しのような気がしました。目的のない毎日、薄い人生。そういうものが、「死」というピリオドを曖昧にさせているんじゃないかと。

 彼方はピリオドが見えながらも、強く、時には周囲を元気づけさえする。それは一つの生の目的、生の証です。そんな姿に感銘を覚えました。ほとんどのルートでは、直接の描写こそありませんが彼方は桜の花を見ることはできなかったのでしょう。でもどのルートでも強く、懸命に生きているんです。そしてTUREルートでは、彼方は永遠の生を選びます。僕はこう思うように変わりました、やっぱり人間は本質的に長く生きた方がいいんだと。生を充実させるほど、そう思うんじゃないかなあと。

 僕も毎日の生活、決して楽ではありませんが、充実した、生きた証が残るような人生を送りたいな、と思いました。

 ということで、いろいろ考えるきっかけになったし、面白い作品でした。勧めてくれた某君ありがとう。これをひとつの糧にまたしゅうしょくかつどうとかがんばります。相変わらずめんどくさいけどな。
スポンサーサイト
PCゲー / 2013/02/21 21:27
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 今日は月末金曜日ということでエロゲの発売日だったんですが、運よく大学の授業が休校になって昼間に買いにいけることになりました。

 それで、「失われた未来を求めて」を買ったんですが、特典のタペストリーがまあでかい。しかもプラスチックの棒みたいなものにくるくるまきつけるタイプのものなので、どうしても購入したときの紙袋から飛び出てしまうんですよ。

 まだ授業が残っていたので、恥ずかしいと思いながらもタペ突き出したまま大学に戻ったんですが、実は夜にバイトがあったんですね。

 で、さすがに18禁タペをバイト先にあらわな状態で持って行くのはダメだよなあと思って、友人と共にいろいろカモフラージュ法を考えてみたんですよ。


 方法その1:裏面を巻きつける

  タペの絵が見えているからだめなんだ、裏面を表側にして巻きつければただの棒に見えるんじゃないか、という発想です。

 ・・・しかし、タペが長すぎて不自然なものは不自然でした。しかも裏からもうっすら絵が見えてて逆にエロい。没。


 


 方法その2:傘立てに置いておく

 うちの大学の図書館になんと鍵付きの傘置き場があるんですよ。そこに預けておいて、後日取りに戻るという案です。

 ・・・しかし、図書館閉館後も傘置き場にある傘はいったん回収され、後で図書館司書さんに傘を忘れて帰ってしまったことを伝えないと手元に戻ってこないシステムでした。今回は傘じゃなく18禁タペですが、まあ間違いなく回収されてしまうでしょう。後で「エロくて長いやつ忘れたんですけど」って司書さんに言うとか人間性が疑われます。没。




 

 方法その3:コートで隠す

 僕の着ていたコートを巻きつけて持っていこうという作戦です。友人案なんですが、「あ、これ意外といけるんじゃね?」って思いました。

 ・・・で、巻きつけてみたんですよ。そのときの再現がこれです。↓ケータイのカメラしか持ってないので、画質が悪く一部分だけしか写らないのはお許しください。




hennasyasin.png
 
 まあ、背景おかしいだろとかコート厨二すぎんだろとか美唯たんぺろぺろとかそういう疑問は置いておいて、むしろこれが一番不自然でした。どう頑張ってもどこか飛び出ちゃう。しかもこれ持って歩くと、コートがマギー司郎の人体浮遊マジックみたいにピンと伸びちゃって、人形抱えて歩いてるみたいになってしまうんです。明らかにおかしい。没だ、没。


 他にもいろいろ案が出ましたが、どれもダメでした。しょうがないのでいったん家帰って部屋に飾って一発抜いてからバイトに行きました。



 ということで、今日からわれめて楽しむぞと思ったら、先月の作品終わってないし・・・。プレイはもうちょっと先になりそうです・・・。
PCゲー / 2010/11/26 23:17
コメント⇒0 / トラックバック⇒0


 のーぶる☆わーくすのOPが公開されています。

 びっくりしたのが、アニメパートが動く動く。サビの部分は全部アニメで、ヒロインに加えてサブキャラもちょっとだけ動いてくれました。

 あとOPソングもいいですね。荘厳な出だしになっているのも、お嬢様的なアレを感じます。それでいてサビはわくわくする。ゆいにゃんFamishinさんありがとう。

 うん、やっぱり可愛い女の子はいいですね。こんなお嬢様たちとキャッキャウフフな生活をしたいものです。そうしたらもう、なんか知らんけどなんでもできそうな気がします。ぐへへ。

 今年のクリスマスはこれで決まりですね。今日母親から「彼女作れ息子よ、どうせクリスマス用事ないんだろ」って趣旨のメールが来たんですが、用事ありますから。ゲームやってますから。残念。いろんな意味で。

 ということで今日はこんな感じで。それではー。
 
PCゲー / 2010/11/21 23:34
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
※今日の記事はかなり変態です。ご注意ください。






らぶデス555! ~ν-Realtime Lovers~


TEA TIME

2010-11-26



 「らぶデス555!」のおたのしみコーナーにあるエッチムービークイズってやつを見てみました。

 ムービー見て体位を当てるという残念なコーナーなんですけど、これ全然わからないですね。僕、体位の知識が豊富なほどに訓練された変態ではありません。しかも年齢をお教えくださいの欄に100歳とか選択欄があります。100歳で体位の知識が豊富な方などもはや国宝級でしょう。

 そもそも四十八手って日本独自の概念ですよね。wikiにも「日本の伝統的な性交体位概念である」なんて書いてありますし、さすがJapanese tradition、伝統って奥が深いなあと感心します。

 やっぱり日本人は昔から変態なのかな、と思います。「富嶽三十六景」などで有名な葛飾北斎なんかもタコと絡み合ういろいろとおかしい春画とか描いてますし。しかもなぜか「菱川師宣」で検索してもこの春画が引っかかる。検索されまくったのでしょう、日本人さすがだ。

 で、例えばアメリカに体位の概念ってあるのかなと思ってちょっと調べてみたら、正常位のことを"missionary position(宣教師ポジション)"って言うらしく、ザビエルが頭に浮かんで初っ端から吹いたんですけど、やはり日本ほどは体位が豊富ではないようです。なんか宣教師ポジション以外で性交をすると罰せられる州もあるらしい。どうやって判断するんでしょうね。

 ということで、らぶデス555!は今月発売です。ごめんなさい、僕は多分買いません。体位知らないし。

 
PCゲー / 2010/11/15 23:10
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 高校時代の同級生に、K君という浪人中に冬コミの売り子やっちゃうような結構ファンキーなデブがいたんですよ。

 どれくらいデブかというと、彼は二浪の末苦労して医学部に入ったんですけど、仮に僕が彼の診察を受けたとして「甘いもの控えたほうがいいですね」とかは絶対言われたくない。そっくりそのままお前に言いたいよってなる。それくらいのデブです。まあ彼自身、自分がデブなことをネタにしていたのでここにいろいろ書いてしまいました。ごめんねK君。あと冬コミは大学受かってから行け。

 悪いことばかりではアレなのでいいことも書くと、なんと彼はイケメンなんですよ。顔立ちはすごく整っているんです。デブだけど。絶対デブフェチの女の子なら彼に一目惚れすること請け合いです。

 そんな彼にある時「どんな女の子が好みなの?」って聞いたら、「スリムな子が好きかな~HAHAHA」って言ってました。ということでわるきゅ~れAddictの新作「デブプラス」DL版が発売中です。興味を持った奇特な方はプレイしてみるといいでしょう。彼に勧めてみようかと思います。








debu+.png
PCゲー / 2010/11/12 23:50
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/ 次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。